社内ランチケータリングで働くスタイルを変えよう!おすすめメニューと活用法も紹介!

【社内でのランチケータリングのメリットとデメリット】

メリット:

時間節約: 従業員が外出せずにランチを楽しむことができるため、ランチタイムの効率がアップします。

コミュニケーション促進: 社内でのランチタイムが共有されることで、異なる部署の従業員同士の交流が増えることが期待できます。

健康的な食事: ケータリング会社が提供するメニューは、栄養バランスが良く、健康的な食事が提供されることが多いです。

企業のブランディング: 社内でのランチケータリングを導入することで、働きがいのある企業としてのイメージが向上します。これは、社員の定着率向上や新規採用にもプラスに働くでしょう。

社員の健康意識向上: 社内で健康的な食事を提供することで、社員の健康意識が向上し、長期的には健康状態の改善につながる可能性があります。

ストレス軽減: ランチタイムに外出しなくても美味しい食事が楽しめるため、社員のストレス軽減につながります。これは、社員の働きやすさやパフォーマンス向上に繋がるでしょう。

多様な食文化への理解: ケータリングで様々な国や地域の料理を提供することで、社員が異文化に触れる機会が増えます。これは、国際的なビジネスを展開する企業にとっては特に重要です。

デメリット:

コスト: ケータリングを利用することで、ランチのコストが増える可能性があります。

選択肢の限定: 従業員が好みの料理を選ぶことが難しくなる場合があります。

ゴミ処理の問題: ケータリングによって発生する容器や食器のゴミが増えることがあります。環境への配慮やゴミ処理の方法を検討する必要があります。

アレルギーや食事制限への対応: ケータリングでは個別のアレルギーや食事制限への対応が難しい場合があります。これをクリアするためには、事前に十分な情報共有が必要です。

 

【実はとても簡単!ケータリングの便利さ】

多様なニーズに対応:

ケータリングサービスでは、様々な料理やメニューが提供されるため、従業員の好みやアレルギーなど、多様なニーズに対応することができます。

事前準備の手間が省ける:

ケータリングサービスは、食事の準備や片付けまで行ってくれるため、社内イベントや会議での手間が省けます。これにより、企業側は本来の業務に集中できるようになります。

シーズンごとのメニュー:

ケータリングサービスでは、季節ごとにメニューが変わることが一般的です。これにより、季節感を感じながら食事を楽しむことができます。

メニューのカスタマイズ:

ケータリングサービスでは、企業の要望に応じてメニューのカスタマイズが可能です。これにより、社員が喜ぶメニューを提供することができます。

イベントや祝日に合わせた特別メニュー:

クリスマスやハロウィンなどのイベントや祝日に合わせた特別メニューが提供されることもあります。これにより、楽しい雰囲気が演出されることでしょう。

 

【東京でおすすめのランチケータリングメニュー】

和食バイキング:

お寿司や天ぷら、うどんなど、和食の定番メニューが揃っています。日本の伝統的な味を楽しむことができます。また、季節に合わせた和菓子や、地方ごとの郷土料理も提供されることがありますので、日本の四季を感じられるでしょう。さらに、和食の美学に基づいた盛り付けや器を使用することで、目でも楽しむことができます。

グローバルフュージョン:

様々な国の料理をミックスしたメニューが特徴です。世界中の美味しい料理を一度に楽しむことができます。アジアン、ヨーロピアン、南米料理など幅広いジャンルが揃っており、毎回新しい発見があります。また、異文化交流の一環として、料理に関するストーリーや背景を紹介することで、食を通じたコミュニケーションを促進できます。

イタリアンフェア:

ピザやパスタ、リゾットなど、イタリア料理の定番メニューが揃っています。本格的なイタリアンを堪能できます。また、デザートやワインの提供もあり、イタリアの食文化を満喫できるでしょう。さらに、イタリア各地の名物料理や地元の食材を用いた限定メニューも楽しめます。

ヘルシービーガン:

動物性食材を使用しないビーガン料理がメインのメニューです。健康志向の高い方や、植物ベースの食事を好む方におすすめです。スーパーフードを取り入れたメニューやデトックス効果のある料理も提供されることがあります。また、ビーガン料理の美味しさや栄養価を伝えることで、健康意識の向上につながります。

エスニック料理フェア:

タイ料理やベトナム料理など、世界各国のエスニック料理を楽しめるケータリングです。新しい味わいを楽しみたい方にぴったりです。辛さやスパイスを調整することも可能なため、好みに合わせて楽しむことができます。さらに、各国の伝統的な料理や珍しい食材を取り入れることで、異文化の理解を深めることができます。

シーフードバー:

新鮮な海の幸を使った料理が揃っています。寿司や刺身、海鮮丼など、魚好きにはたまらないメニューが揃っています。また、旬の魚介類を使った季節限定メニューや、希少な海産物を取り入れた豪華な料理も提供されることがあります。さらに、魚の捌き方や調理法を紹介することで、料理への興味や魚介類の知識を広げることができます。

ファーム・トゥ・テーブル:

地元の農産物を使用した料理が楽しめるケータリングです。旬の食材を活かしたメニューで、食の安全や環境に配慮しています。地元の農家との提携を通じて、新鮮な野菜や果物を使用した料理が提供されます。これにより、旬の味覚を味わいながら、地産地消の取り組みをサポートできます。また、農家の顔や物語を紹介することで、食と地域との繋がりを感じることができます。

スイーツパーティー:

ケーキやタルト、シュークリームなど、様々なスイーツを取り揃えたケータリングです。デザート好きにはたまらないメニューが揃っています。また、季節ごとのフルーツを使用したスイーツや、パティシエがこだわり抜いたオリジナルデザートも提供されることがありますので、旬の味覚を楽しむことができます。さらに、スイーツ作りのワークショップを開催することで、社員同士の交流を促進できます。

ハラール対応:

イスラム教徒の食事制限に対応したハラール認証のケータリングです。ハラール対応の肉料理やエスニック料理が提供されます。多文化共生を大切にする企業におすすめです。また、イスラム教徒以外の社員もハラール料理を楽しむことができ、異文化理解を深める良い機会となります。さらに、イスラムの食文化やハラールに関する情報を提供することで、社員同士の理解が深まるでしょう。

グルテンフリー:

小麦粉を使用しないグルテンフリーの料理がメインのケータリングです。アレルギーや食事制限がある方にも安心して楽しめるメニューが提供されます。健康志向の高い方にもおすすめです。また、グルテンフリー料理の豊富なバリエーションや美味しさを伝えることで、健康意識の向上につながります。さらに、食材や調理法についての情報を提供することで、アレルギーや食事制限に対する理解を深めることができます。

これらのおすすめランチケータリングメニューを参考に、東京での社内ランチケータリングを楽しんでみてください。多様なメニューや食材を用いた料理を味わいながら、社員同士のコミュニケーションが活発になることでしょう。さまざまなニーズに応えることができるランチケータリングを活用し、働く環境をより良いものにしていきましょう。