大阪でコーヒーケータリングを利用する際の完全ガイド

会議の中で一息つくための時間、ブレイクタイム。その短い時間に、美味しいコーヒーを一杯飲みませんか?一瞬にして会議の雰囲気が変わり、参加者同士のコミュニケーションが生まれます。そんな体験を手に入れる方法が「コーヒーケータリング」です。そして、あなたが大阪で学会やコンベンションを開催し、このコーヒーケータリングを検討しているのであれば、ぜひ参考にしてください。

コーヒーケータリングとは何か、そのメリットは何か、どのようなシーンで活用できるのかなど、初めてのコーヒーケータリングで不安を感じているあなたに、これらの疑問を解消する情報をお届けします。

1. コーヒーケータリング

1-1.コーヒーケータリングとは?

コーヒーケータリングは、イベントや会場にコーヒーを提供するための専門的なサービスです。このサービスは、一部の小規模なミーティングから数千人規模の大規模なイベントまで、様々なシーンで利用されます。

1-2.コーヒーケータリングのメリット

・コーヒーケータリングを利用すると、会場の準備や後片付け、コーヒーの準備といった手間が省けます。

・専門的なバリスタが提供するコーヒーは、一般的な自動販売機のコーヒーや自家製のコーヒーとは一線を画す品質です。

・イベントの規模やニーズに合わせて軽食やお弁当もご用意することが可能です。

1-3.コーヒーケータリングで盛り上がるシーン

・会議やシンポジウムでの休憩時間利用 :

この時間帯は、参加者がリラックスしたり、新しい人々と出会ったりする絶好の機会です。コーヒーケータリングを提供することで、この時間をより有意義なものにします。

・国際会議での活用 :

国際的なカンファレンスでは、参加者が様々な国や文化から来ています。コーヒーは多くの文化で愛されている飲み物であり、このような場でのコミュニケーションツールとして最適です。

2. 学会・コンベンション会場でのコーヒーケータリング

2-1.コーヒーケータリングを成功させるためのポイント

・事前の準備 :

ケータリングサービスの専門家と一緒に事前に計画を立てることが重要です。これには、参加者の数、イベントのスケジュール、準備するコーヒー量などが含まれます。

・コーヒーのバリエーション:

全てのゲストが同じ種類のコーヒーを好むわけではありません。エスプレッソ、アメリカーノ、カプチーノなど、いくつかの基本的なオプションを提供することで、ゲスト全員が満足することができます。

・流れのスムーズさ:

コーヒーの準備と提供の流れがスムーズであることは、ゲストの満足度に大きく影響します。長い列ができて待ち時間が発生しないよう、効率的なオペレーションを考えることが重要です。

2-2.会議やイベントでの_COFFEE_BREAK活用事例

・製品発表会:

新製品の発表会では、ゲストにコーヒーブレイクを提供することで、活気ある雰囲気を維持できます。同時に、ゲストは新製品を手に取りながら、リラックスした状況で情報交換することができます。

・会議での導入:

ある企業では、重要な内部会議のためにコーヒーブレイクを効果的に活用しました。通常、会議は長時間に及び、参加者の集中力が途切れがちですが、この企業は会議の途中で計画的なコーヒーブレイクを設けることで、その問題を解消しました。

コーヒーブレイクの間、参加者は新鮮なコーヒーを楽しみながら、少し頭を休め、会議の内容を消化する時間を持つことができました。また、この時間を利用して、カジュアルな雰囲気の中で意見交換を行うことができました。

2-3.提供スタイルの違い

・セルフサービス

セルフサービススタイルのコーヒーケータリングでは、ゲストは自由にコーヒーを取ることができます。このスタイルは、大規模なイベントや短時間で多くのゲストにサービスを提供する必要がある場合に特に効果的です。ゲスト自身が自分のペースでコーヒーを楽しむことができ、一度に多くの人々に対応できます。

・フルサービス

フルサービスのコーヒーケータリングでは、経験豊富なサービススタッフがゲストの個々のニーズに対応して、美味しいコーヒーを提供します。このサービススタイルは、高品質なコーヒー体験を提供し、各ゲストが特別に感じられるように準備されています。サービススタッフが丁寧に一杯ずつコーヒーを淹れることで、イベントは一段と高級感を醸し出し、ゲストに深い印象を与えます。

3. ケータリングプランの選び方

3-1.どうやって選ぶ?予算に応じたバリエーション豊富なプラン

ゲストの数は?予算はいくら?

いくらゲストが多くても、コーヒーケータリングサービスには色んなプランがあります。多くのゲストに迅速にコーヒーを提供したい場合は、そのようなニーズに対応したプランを選ぶことが大切です。また、予算に応じた適切なプラン選びも重要です。

セルフサービス?またはフルサービス?

イベントの雰囲気や参加者のニーズに応じて、サービススタイルを選びます。セルフサービスはリラックスした雰囲気に最適で、一方、フルサービスはより格式張った状況や、特別なコーヒー体験を求めるゲストに向いています。

軽食は付けられる?

コーヒーケータリングサービスの多くは、軽食やスナックのオプションも提供しています。チョコレートケーキやクッキー、さらにはケーキやパティスリーなどのオプションまで、あなたのイベントの雰囲気や予算に合わせて選択することが可能です。

3-2.事前相談で最適なメニューを選ぼう!

コーヒーケータリングサービスを頼む前に、見積もりを取って予算を把握しましょう。見積もりを取る際は、以下の要素を明確にすると良いですよ。

イベント日と時間

コーヒーケータリングサービスはなかなか予定が詰まっていることが多いです。早めに日程を確定し、サービス提供者に伝えることでスムーズにサービスを受けられます。

ゲストの数:

ゲストの数を正確に把握しておくと、適切な量のコーヒーを提供することが可能です。これは無駄な経費を避け、ゲストが満足するサービスを提供するために重要です。

4. コーヒーケータリングQ&A

4-1.コーヒーケータリングに関するよくある質問

Q: コーヒーケータリングサービスの価格帯はどのくらいですか?

A: コーヒーケータリングサービスの価格はサービスの内容やオプション、ゲストの数、イベントの長さなどによりますが、一般的には、コーヒー1杯あたり75円〜200円です。そこに追加して出張費やスタッフの人件費などが必要となります。特別なメニューやカスタマイズされたサービスを求める場合は、それ以上になることもありますので、具体的な価格は、選んだケータリングサービスと相談してみましょう。

Q: コーヒー以外にもお弁当や、軽食はお願いできますか? 

A: はい、多くのコーヒーケータリングサービスでは、セミナー用お弁当や昼食の提供も可能です。講師様用のお弁当やお飲み物も準備することが可能です。

Q: コーヒーケータリングサービスはどのような場面で利用するのが最適ですか?

A: ビジネスイベントや会議、ワークショップでは、ゲストに質の高いコーヒーを提供することでプロフェッショナルな雰囲気を醸し出すことができます。一方、ウェディングやパーティー、フェスティバルなどのレジャーイベントでは、美味しいコーヒーがゲストの満足度を高め、イベントを特別なものにします。また、フルサービスのコーヒーケータリングを選択すれば、ゲストに特別なコーヒー体験を提供でき、印象深いイベントを演出することができます。

5. 大阪でコーヒーケータリングなら「2ndTable」

5-1.選べるサービス

・セルフサービス

・セミセルフサービス

・フルサービス

2ndTableは、セルフサービスからフルサービスまで幅広いサービススタイルを提供しています。これにより、あなたのイベントのニーズに合わせて最適なプランを選択することができます。

5-2.コストパフォーマンス

2ndTableはドリンク、会場セッティング、サービススタッフを一括して依頼することが可能です。これは一括注文によりコストを下げることができ、効率的にイベントを運営することを可能にします。

5-3.食事も用意可能

ザ・リッツカールトン出身のシェフが調理した豊富なメニューを提供しています。軽食、カフェメニュー、仕出し弁当、ケータリング料理などがあり、その場の雰囲気に合わせて選べます。おもてなし精神豊富なプロのスタッフによるサービスも魅力的です。セッティングからゴミの回収まで対応してくれるため、主催者はゲストとの交流に集中できます。

5-4.デザートもおまかせ

休憩時間にはデザートの提供も可能です。サンドイッチ&ドルチェタワー、タルト盛り合わせ、デザートビュッフェなどがあり、展示会、レセプション、名刺交換会やワインパーティーなどにもおすすめです。

6. まとめ

学会やコンベンションの計画は大変な作業ですが、コーヒーのドリンクサービスは、イベントの成功において重要な役割を果たします。

コーヒーケータリングは、初めての試みであるかもしれませんが、それはゲストにとってリフレッシュの機会であり、新たな会話のきっかけを作り、コミュニティ感を強化するためのツールとなります。

 

大阪で、学会やコンベンションを開催する際にコーヒーケータリングの利用をお考えであれば、ぜひ2ndTableにご相談ください。